TOEICスコアと最も期待される「コミュニケーション能力」を結び付けるための方法

「TOEICのスコアと実際のコミュニケーション能力がなかなか比例しない」

TOEIC受験者を悩ませている事例のひとつでもあると聞きます。

では、真相はどうなのでしょうか?

半分は事実で、半分は事実ではないと個人的には思います。

しかし、そこには明確な理由がありました。

このページでは、その理由を解明しつつ、実践的な対処法を紹介します。

2021年9月18日

1.TOEICテストの意義

TOEICである程度以上のスコアをもっていると、採用や昇進に有利になる

そう言われていますよね。

日本では、「英語力」をはかるツールとしてTOEICが評価されています。

そのため、実際に多くの企業・団体が、

TOEICのスコアを採用や昇進のひとつの基準に

しています。

しかし、どういうわけか、

TOEICのスコアと期待する「コミュニケーション能力」が比例していない

そんな厳しい声も、ときどき聞かれます。

では、なぜ、そのような矛盾が起こるのでしょうか?

その原因を知って、対策しておけば、

期待に応えてくれる即戦力として評価される

ことは間違いありません!

では、TOEICテストの定義から順に見ていきましょう。

TOEICってどんなテスト?

そもそも、TOEICってどんなテスト?

「なんとなく漠然としたイメージはあるけど・・・」

そう答える人も多いTOEICテスト。

そこで、TOEIC L&R (Listening & Reading) について簡単にまとめました。

TOEIC L&Rの定義

TOEICテストを運営する iibc*は、TOEIC L&Rを、

「英語によるコミュニケーション能力」を幅広く測るテスト

と定義づけています。

[ *iibc:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 ]

TOEIC L&Rの対象者

さらに、 TOEICの対象者は、

身近なシーンからビジネスまで、幅広い場面でのコミュニケーション英語能力を身に付けたいひと

つまり、

TOEIC L&Rの前提

TOEICとは、スコアから、

英語による「コミュニケーション能力」と「ビジネス対応力」を判定

することを前提とした試験です。

ここからは、このうち、「コミュニケーション能力」について見ていきます。

2.企業が求める「コミュニケーション能力」とは?

企業が求める「コミュニケーション能力」とはどのようなものでしょうか?

2019年に興味深い調査結果が発表されているのでご紹介します。

企業・団体が考える重要なスキルと不足しているスキル

iibcが企業・団体が考えるスキルを、

  • 重要なスキル
  • 不足しているスキル

という2つのカテゴリーに分けて調査した結果です。

2018年11月~2019年2月実施の調査結果 (出典:iibc:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

対象:2017年~2018年8月にTOEIC(公開またはIPテスト)を利用した2,442の企業・団体

カテゴリー別に、回答の上位5項目をグラフにしていますのでご覧ください。

今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキル

1つ目は、企業・団体が考える、

「今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキル」

順位は上から、

  1. 英語(力)
  2. コミュニケーションスキル(聞く、理解する、伝える)
  3. 問題解決力、実行力
  4. リーダーシップ、組織のマネジメント能力
  5. 論理的な思考能力

となっています。

この中で、「コミュニケーションスキル」は2位に入っています。

つぎは、企業・団体が考える「不足しているスキル」を見てみましょう。

社員や職員に不足している・今後強化する必要がある知識やスキル

2つ目は、企業・団体が考える、

「社員や職員に不足している・今後強化する必要がある知識やスキル」

順位は上から、

  1. 英語(力)
  2. リーダーシップ、組織のマネジメント能力
  3. 問題解決力、実行力
  4. 国際的なビジネス感覚
  5. コミュニケーションスキル(聞く、理解する、伝える)

「コミュニケーションスキル」は5位に入っています。

一方、

上の2つのグラフ、それぞれの順位を見ると、英語(力)が1位になっています。

さきほど、日本では、

「英語力」をはかるツールとしてTOEICが評価されている

と言いました。

つまり、

TOEICのスコア=「英語力」

として評価されていることになります。

では、「コミュニケーション能力」についてはどうでしょうか?

さきほどの2つの表では、

  • 「今後、重要と思われる知識やスキル」 で2位。
  • 「不足し、強化が必要な知識やスキル」 で5位。

この結果からは、

「コミュニケーションスキル」 は、そこまで不足していないスキル

と考えられていることになります。

しかし、ここで注意したいのが、「英語(力)」と「国際的なビジネス感覚」以外の項目。

  • リーダーシップ、組織のマネジメント能力
  • 問題解決力、実行力
  • 論理的な思考能力
  • コミュニケーション能力

いずれも「英語による」という但し書きはついていません。

つまり、

「英語によるコミュニケーション能力」

の評価は、この2つの表からは読み取れないことになります。

そこで、同じ調査のもう一つの質問から読み解いていきましょう。

企業・団体が求める「コミュニケーション能力」

企業・団体が求める「コミュニケーション能力」とは?

実は、さきほどと同じ調査に、

目標とする英語スキルの水準は?

という質問項目があります。

そこで、一番多かった回答が、

英語で行われる会議(テレカン*を含む)で議論できる

というもの。

*テレカン [ Telephone Conference:電話会議 ]、通称テレカンと呼ばれています。

つまり、言い換えると、

英語で十分に通用する「コミュニケーション能力」

ということになります。

では、

TOEICのスコアは「英語で十分に通用するコミュニケーション能力」と比例している?

そういった疑問がわいてきますよね。

つぎで見てみましょう。

3.TOEICのスコアは「コミュニケーション能力」と正比例?

ここでの疑問は、

TOEICのスコアは「英語によるコミュニケーション能力」と正比例?

はじめに、「英語によるコミュニケーション能力」の定義から確認していきましょう。

さきほどの調査結果から、企業・団体が求めているのは、

英語で行われる会議(テレカン*を含む)で議論できる「コミュニケーション能力」

であることがわかりました。

テレカンで議論

つまり、「会話」ということになりますね。

ここで、

TOEICのスコアとは?

TOEICのスコアという場合、一般には、L&Rテストのスコアを指します。

どういうことかと言うと、

たとえば、2019年のデータではつぎのような割合になっています。

【2019年度のTOEIC受験者数】

TOEIC総受験者数2,406,500人
TOEIC L&Rの受験者数2,205,000人
TOEIC S&Wの受験者数37,800人

(出典:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

上の表から、受験者の大多数はTOEIC L&Rを受けていることがわかります。

つまり、実質的には、TOEIC L&Rがメインの

「英語によるコミュニケーション能力検定試験」

そうだとすれば、TOEIC L&Rで、

リスニングとリーディングから「コミュニケーション英語能力」を判定

していることになります。

しかし、

「テレカンで議論」できるコミュニケーション能力は、「会話力」

つまり、

TOEIC L&Rのスコアから「会話によるコミュニケーション能力」を測ることは困難

そこで、上の表に「TOEIC S&Wの受験者数」とありますが、

L&R (Listening & Reading) では測定できない部分を補うために、このテストが登場したという経緯があります。

S&Wはまさしく、

Speaking(話す)、Writing(書く)という2つの英語力を測定

するためのテスト。

TOEIC S&Wを受験すれば、「会話力」と「文章力」の証明が可能です。

(TOEIC S&Wについては、別のページで紹介する予定です)

TOEICの「スコア」と「会話力」の相関関係

では、

TOEIC L&R の「スコア」と「会話力」の相関関係

はないのでしょうか?

結論から言うと、

TOEIC L&Rの勉強だけでは、直接「会話力」には結び付かない

実際、TOEIC L&Rで高得点を取っていれば「会話」できるかと言えば、必ずしもそうではありません。

その理由は、

「会話」の練習をしていない

から。

しかし、

TOEIC L&Rで、ある程度のスコアを取る力があれば、

「会話」の素地がある

と言えると思います。

なぜなら、

TOEIC L&R は「コミュニケーションに必要な英語表現」の宝庫

コミュニケーションをとるための基本的な「英語表現力」はすでに身についているというわけです。

そのため、その力を「応用すれば」いいことになります。

とは言うものの、

「会話によるコミュニケーション」は、

会話をしている相手との双方向のやり取り

相手がどのように反応するかまでは、予測できません

そこで、

「会話によるコミュニケーション能力」は「会話の練習」で身につけるしかない

ということになります。

4.期待される「コミュニケーション能力」を身につける

では、具体的に、

英語で行われる会議(テレカン*を含む)で議論できる

「コミュニケーション能力」についてはどうでしょうか?

さきほど、

「会話によるコミュニケーション能力」は「会話の練習」で身につける

と言いました。

なかでも、

テレカンで議論できる 「コミュニケーション能力」

は「ビジネスに相応しい英語表現を駆使して業務を遂行する、ビジネス対応力」とほぼ同義。

具体的には、欧米や環太平洋地域*のビジネス・パートナーと対等にやり取りできる「コミュニケーション能力」ということになります。

*環太平洋地域 [ 一般に Asia-Pacific Region ]:太平洋と辺縁に位置する国々や都市、島々を含む地域のこと(Wikipediaより)

そこで、TOEICで身につけた表現力を基本にしながらも、さまざまな経験が必要になるでしょう

そのため、一朝一夕にはいきませんが、とにかく実践あるのみです。

具体的には、

実際の場面を想定して、英語で会話する

方法になります。

そこで、オンラインでビジネスに必要な会話の練習ができる2つのスクールをご紹介します。

1つ目は、

「スタディサプリ ビジネス英語コース 英会話セットプラン」

「ビジネス英語コース ベーシックプラン」にオンライン英会話レッスンがセットになったプラン。

アプリをつかって学習したビジネス英語を、外国人講師との会話によって定着させたい方向けのプランです。

このプランには、

「キーフレーズ」の復習や進捗状況にあわせて使える教材が、全レッスン分ついてきます!

さらに、

  • 自分だけでモチベーションを保つのは苦手
  • 学習のすすめ方についてアドバイスが欲しい

そんなときは、日本人カウンセラーとのカウンセリングが受けられます。

7日間無料体験できます

もうひとつは、

「ELT英会話」

ELT英会話で受講できるのは、

「ビジネス場面でのコミュニケーションに完全にフォーカスした英会話レッスン」

講師は100%イギリス人ネイティブスピーカーです。

こちらも、日本人コンサルタントによる学習指導を受けられますが、レベルは中級以上の方向けです。

将来的に「テレカンで議論する」ために、

本格的な「コミュニケーション能力」を身につけたいという要望に応えてくれるスクールです。

無料の体験レッスンが受けられます

5.まとめ

いかがでしたか?

TOEICのスコアは「会話によるコミュニケーション能力」と正比例ではないものの、

ある程度のスコアを取る力があれば、

「会話」の素地がある

と言えます。

テレカンで議論できる 「コミュニケーション能力」

を目指して、

必要な「コミュニケーション能力」を「会話の実践」で身につけましょう!